pos選び.com

軽減税率に対応できるposが必要になります

軽減税率対応について

従業員

軽減税率ってどんなもの?

軽減税率は平成31年の消費税率アップのタイミングで導入が検討されているものです。食料品など日常生活に欠かせないものの税率は下げましょうというもので、提供方法でも変わるため飲食店などの経営者はきちんと理解しておく必要があります。

補助金がもらえる

経営者にとっては厄介な制度となりそうな軽減税率。飲食店や小売店などを経営している場合複数の税率に対応したposシステムの導入などが必要になってきます。その場合、軽減税率対策圃場金制度を活用すると補助金がもらえるので、しっかりと活用するようにしましょう。

どんな場合が対象になるのか

軽減税率対策補助金を上手く活用するためには、どういった場合に適用されるのかといったことについてもきちんと理解しておきましょう。軽減税率に対応しているposを新しく導入する場合はもちろん、既存のposのシステムを改修する場合にも適用されることがあります。

インボイスの導入も

平成33年にはインボイスの導入も開始される予定です。インボイスとは全ての商品一つ一つに対しての税率や税額が記載された書類のことです。これは消費税の控除のために必要となる書類で、経営者はインボイスへの対応も必須となってきます。

事前に確認しておこう

軽減税率とインボイスが新しく導入される予定ですが、軽減税率の導入は平成31年10月からともうすぐです。直前になると駆け込み需要が増え導入が遅れてしまう可能性もあるので、慌てて導入するハメにならないためにも、事前に制度の詳細や対応しているposなどを確認しておくようにしましょう。

広告募集中